Eiji Yamamoto Photography 「Ayaka Rhapsody アヤカ・ラプソディー」


となりのアヤカちゃんは魔女のような人です。僕にとっては。跳んだり跳ねたり増えたり格好良かったり。色々な表情を見せてくれます。最近思うのです。自分の写真はもっと自由でも良いのではないかと。人物や風景の記録、そこでの時間の記録、気持ちの記憶などなど、記録や記憶のための写真ではなく、楽しむ写真があっても良いのではないか。同時にカメラやレンズの性能にそこまで拘らずとりあえず自由に。そしてそれをプリントして見る。写真本来の楽しみがそこにあるのではないかと。そこでザールブリュッケンで知り合った同じ滋賀県出身の写真家Ayaka Okuさんをモデルに色々撮らせていただきました。撮影時間は僅かですが、その中で出来ることをした、2017年冬の写真です。最下段の4枚は「撮影者の向こうに広がる世界」。同じ時に同じ場所で向かい合って撮った写真です。


▲ top